子供のうちから歯医者は必要か

歯医者での治療は、乳歯の子供でも早期発見、早期治療が大切です。乳歯の大切な役割として、永久歯が生えるための場所を確保する役目があります。

なので、虫歯になって歯がなくなってしまうと、空いたスペースに隣の歯が移動して永久歯が生えるためのスペースがなくなってしまうことになってしまいます。

永久歯が生えるスペースがなくなると、歯並びが乱れる、永久歯が生えてくる事ができないなどの支障がでてきます。



歯医者で治療をしてもらわないと、根の先に膿がたまり、その下の永久歯のエナメル質を溶かし、永久歯が生える前から虫歯に感染してしまっているという場合もあります。
また、歯医者で治療を受けないことで、顎の発達に大切な時期に虫歯の痛みにより食べ物が噛めない、固いものが食べられないといった場合には、その後の食生活や成長に大きな影響を与えてしまいます。

代官山の歯医者に関するマニアックな情報をお届けします。

歯医者には、まず、乳歯が生え始めた頃から行くことが大切です。

有名なジョルダンニュース!に興味ある方、必見です。

乳歯は虫歯になりやすいため、生えた時点から予防をすることが大切なので、乳歯が生えたら今後のケアなどを考えるためにも一度行くことがお勧めです。


次に、離乳食がはじまったら、お口の中に食べかすが残りやすくなるため、それに伴い虫歯にもなりやすくなります。

永久歯が生え始めたら、永久歯の奥歯は溝が深いため、ブラッシングがしにくいので虫歯になりやすく、歯並びも気になる時期なので、生え変わり時期にも行くことがお勧めです。


それらのタイミング以外にももちろん、歯を痛がったり、黒い虫歯が見えるなどの症状があった場合にも行く事が大切です。